2009年頃よりKONICA MINOLTA製のケミカルレスCTPシステム「BLUE EARTH」を運用してきましたが、このたび富士フィルム製のサーマルCTPシステムへの入れ替えを決行いたしました。

実際に導入されたのは、プレートプロセサー「XP-940R」と現像廃液削減装置「XR-2000」。

BLUE EARTHでも取り組んできたCTPの環境対策をより強化しております。

 

当日は晴天に恵まれ、お立ち会い頂いた業者様方の手際の良さにも助けられスムーズに機械の搬出・搬入を行うことができました。

2階の刷版室の窓を取り外しての作業です。

 

クレーンで運び出されるBLUE EARTHのフィニッシングユニット

クレーンで運び込まれる富士フィルムのプロセサー

約5年の短い間でしたが、BLUE EARTHには本当にお世話になりました。

新しい設備についても、日々のメンテナンスを怠ることなく、大切に取り扱っていきます。

 

今回の変更により、CTPの露光がネガ方式からポジ方式へ変わりますので、ほんの少し(言われても分からない程度)だけ出力結果が太ってしまいます。

ただし大半のデータにおいて品質には全く影響がございませんのでご安心ください。

また、CTP設備が変わっても印刷物の色味は変わらぬよう調整しておりますので、こちらもご安心ください。

  • スピード印刷!最速150分の短納期を実現!
    京都1のスピード印刷チラシ作成(ビジネス情報便)
  • 5S活動報告1(スキャナー、パソコン周辺機器の廃棄)
  • CTP設備を一新いたしました!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
印刷のこと
LED-UV印刷を導入してから様々なトラブルに直面してきましたが、ようやく品質が落ち着いてきました。 そして、従来の油性印刷機との使い分けを...
会社のこと
2009年頃よりKONICA MINOLTA製のケミカルレスCTPシステム「BLUE EARTH」を運用してきましたが、このたび富士フィルム...
印刷のこと
印刷現場のオペレーターは、日々、様々な印刷トラブルと向き合いながら過ごしています。 今回は、その中でも厄介な「紙粉トラブル」についてご紹介し...
印刷のこと
当記事は、弊社が油性・UVともに対応している特色印刷についてまとめています。 弊社は起業以来、色にこだわってオフセット印刷と関わってきまし...